自己紹介

Activities
活動実績

2022年1月17日 「音楽から人/ひとを考える会」第7回を開催します。

新年の「音楽から人/ひとを考える会」第7回は、
2022年1月20日(木)20時〜22時頃(オンライン)です。
(ご発表者)
笠井純一先生(金沢大学名誉教授)、津加佐先生(金沢大学客員研究員)
(ご発表タイトル)
「花街舞踊復元の意義と可能性ー『北陽浪花踊』の映像資料と音源を素材としてー」

(添付資料)2点
1.発表用資料
「花街舞踊復元の意義と可能性ー『北陽浪花踊』の映像資料と音源を素材としてー」
2.参考資料
「住吉踊復元譜試作関係資料」

長い地道な研究と豊富な資料を元に、1時間ほどお話くださる予定です。
昨年秋の東洋音楽学会大会でのご発表を聞き逃した方はぜひご参加ください。

本会会員以外の方で、聴講を希望される場合は、
nagahara@kxa.biglobe.ne.jp(永原恵三)まで、ご連絡ください。

2021年12月13日 「音楽から人/ひとを考える会」第6回を開催します。

12月は、西阪多恵子さんが話題の提供をお申し出くださいました。
ありがとうございます!

第6回オトヒト会
12月16日(木)20時~22時頃
テーマ「19世紀末イギリスの音楽フィランソロピ(博愛活動)― People‘s Entertainment Societyを中心に」19世紀末のイギリスでは、貧困地域の人々に無料あるいはわずかな料金でよい音楽を提供しようとの活動が盛んに行われていました。そうした組織の一つPeople‘s Entertainment Societyは、音楽団体と慈善団体双方の性格を併せ持ち、雑誌等にみられるその記録は断片的ながら、当時の音楽観と階級など社会的な問題について、示唆を与えるものと思われます。この組織について紹介し、音楽文化におけるフィランソロピの意義などについて皆さまと共に考えたいと思います。

開催日の2,3日前にはレジメ(風)のものをお送りくださるとのことですので、あらためてご案内いたします。 お話を伺いながら、みなさまと話し合いができることを楽しみにしております。

2021年11月30日 連載エッセイ 音楽学者のつれづれ 第2回

第2回 「追分」と「お水取り」

2021年11月30日 連載講座 カトリック教会と音楽 第2回

カトリック教会と音楽(第2回)

2021年11月12日 「音楽から人/ひとを考える会」第5回を開催します。

第5回オトヒト会
11月18日(木)20時~22時頃
(発表者)安原道子

12月5日(日)に日本民俗音楽学会大会にて発表の機会をいただきました。
事前にオトヒト会の皆様からご意見、ご感想をいただけますことを願っております。
オトヒト会での発表レジュメは、現在準備中ですので、発表前日までに添付いたします。
今回は、大会プログラム掲載の概要を添付いたします。

2021年10月27日 連載エッセイ 音楽学者のつれづれ 第1回

第1回 フィールドワークのはじまり

2021年10月27日 連載講座 カトリック教会と音楽 第1回

カトリック教会と音楽(第1回)

2021年度 典礼暦

2021年10月14日 「音楽から人/ひとを考える会」第4回を開催します。

第4回オトヒト会
2021年10月21日(木)20時〜22時

今回は発表希望者がいなかったので、永原から、毎度おなじみの「花輪ばやし」を題材に30分程度お話ししてみます。

題目は「花輪ばやし:音楽・プロパガンダ・ジェンダー」です。

参考文献は昨年度最後の金ゼミでも使用した、『都市の祭礼』の永原論文です。
同じ「花輪ばやし」でも写す側によって、当然写し方が変わります。
今回は、
1.花輪ばやしの音楽性はどこにあるのか。
2.プロパガンダとしての映像の特徴や目的はどこにあるのか。
3.民俗芸能のあるいは祭礼囃子におけるジェンダーをどこにどのように考察できるだろうか。
1〜3の関連性をどのように考えたらよいか。
以上を、議論したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

2021年9月8日 「音楽から人/ひとを考える会」第3回を開催します。

第3回音楽から人/ひとを考える会(オトヒト会:新永原ゼミ)は、9月16日(木)20時〜22時頃 まで開催いたします。
当日ご都合がついた方、途中参加、途中退室は、どうぞお気兼ねなくご参加ください。

第3回「オトヒト会」
発表者 岩本由美子さん
題目:仮)1790 年代の英仏戦争と戦争のタイトルを持つピアノ曲、そして曲中に現れる国歌について

なお、会員以外で参加ご希望の方は、nagahara.keizo@ocha.ac.jp 永原恵三までメールでご連絡ください。

2021年7月2日 「音楽から人/ひとを考える会」第2回を開催します。

7月14日(水)20:00〜22:00頃、オンラインです。登録メンバー以外で、参加希望の方は問い合せフォームからお願いいたします。今回のテーマは「音楽を考える、を考える」です。参考文献は、椎名亮輔編著 2017『音楽を考える人のための基本文献34』、東京:アルテスパブリッシング。

2021年6月4日 「音楽から人/ひとを考える会」がスタートします。

6月11日(金)20時〜22時(オンライン)第1回を開催します。初回は顔合わせで、会の内容についての意見、希望を気楽に語り合います。第2回は「音楽を考える」とは???、をとりあえずのお題としています。参加を希望される場合は、問い合せフォームからご連絡ください。あらためてご案内を差し上げます。

2021年6月4日 放送大学東京文京学習センターの永原ゼミが再スタートいたします。

このゼミは放送大学の学生および卒業生(同窓会員)のみ参加できます。ご注意ください。参加希望者は問い合せフォームからご連絡ください。

2021年6月4日 放送大学面接授業の閉講

放送大学東京足立学習センターの面接授業(5月29日と30日)「音楽と身体」、および放送大学東京文京学習センターの面接授業(6月3日と10日)「音楽学概論」は、新型ウイルス感染防止のために、閉講となりました。受講を希望されていた方々には大変申し訳ありませんが、次の機会にお目にかかれることを願っています。

2021年4月1日 ホームページを公開しました。

2021年4月1日 ホームページを公開しました。